send link to app

I like castle in Japan



無料

Ver1.8.0にてARTランタイムに対応致しました。「お城が好き」はセキュリティチェック済みのアンドロイダー公認アプリです!(2013年10月15日)https://androider.jp/official/app/4f09843dbacd6a91/
現バージョンでは、日本100名城を含む、全国950の歴史あるお城情報(城跡含む)を閲覧することが出来ます。日本に嘗て存在した城郭、日本の歴史、戦国時代などに興味のある方のお役に立てれば幸いです。
機種変更時のデータ以降に付きましては、以下を御参照下さい。http://www.kobunhada.com/products/castleinfojpn/htmls/transition.html
1.主な機能
(1).お城情報(お城に纏わる歴史等)の閲覧→地域(都道府県、令制国)→カテゴリ別(百名城、国宝十二天守等の歴史あるお城、登城したお城、等)→地図(全国、地方)Androidの設定にて、無線ネットワーク、GPSの何れか1つ以上の位置情報を有効にした場合、地図上に現在地の表示、追尾をする事が可能です。
→お城検索(お城名(漢字、かな。別名は漢字のみ)、主な城主、築城者、改修者、ある地点から半径XXKm以内、等)→お城情報をWikipediaやGoogle、GoogleMapにて手軽に検索→お城までの経路を手軽に検索。※GoogleMapの経路検索機能→株式会社デンソー様のアプリNaviConを利用してカーナビに地点を送信できます。「NaviCon」についての詳細は、サポートページをご覧下さい。 http://navicon.denso.co.jp/user/
(2).ユーザ情報管理→登城、予定、贔屓等の情報管理→お城毎の簡易メモ記入(改行込で400字以内)→お城毎の簡易写真管理(1社につき10枚以内、一覧、詳細画面で表示するお城画像も指定可能)→お城毎のリンク管理(お城に関するサイトなどのURLを複数件登録出来ます)
(3).その他→アプリ本体をSDカード※1へ移動(Android2.2以上)→ユーザ情報バックアップ機能(メイン画面にて「menu」ボタンより実行)機種変更等の際は以下の手順でデータ移行を行なって下さい。・旧機種でお城が好きを起動し、タイトル画面からメニューボタンタップ→登城、贔屓保存を実行・旧機種のSDカード※1直下の「castleinfojpn」フォルダ毎、新機種へコピーする。・SDカード※1直下の「castleinfojpn」フォルダ毎、新機種へコピーする。・新機種のタイトル画面よりメニューボタンタップ→登城・贔屓復元を実行する。※1 一部の機種では、SDカードではなく、外部ストレージとして使用可能な機種本体内部の領域が対象となります。旧機種から新機種へ移行する際は、新機種で一度当アプリを起動すると、該当領域に「castleinfojpn」フォルダが作成されますので、そちらに旧機種のフォルダを上書きして下さい。
このアプリの開発者は、安心・安全なアプリの開発者であるとしてアンドロイダーの公認デベロッパーに認証されています。https://androider.jp/developer/8438f289c8a8fc4a48c57a5810584880/
--- お城掲載の御要望について(2014/01/01 より) ---今年より、当方の他アプリ含むデータ作成工数を削減致します。お城の掲載を御要望頂く際は、御手数ですが、以下の情報を
「全て」
明記の上、御要望下さい。未入力項目がある場合、掲載を控えさせて頂きたく存じます。
お城名(かな含む)住所(出来る限り番地丁目まで)
緯度、経度(世界測地系、PC等でWeb版のGoogle Map で右クリック→この場所について)で、左上の検索項目入力箇所に緯度経度が表示されます。※住所検索で表示された場所を機械的に上記操作でとることはせず、必ず御自身で地図を確認し、この場所が城域である事を御確認下さい。当方で確認し、明らかにずれている場合は、掲載を見合わせて頂きます(此方からご質問も致しません)。
築城年(不明とされている場合はそれを明記、調べて不明は含まず)築城主(不明とされている場合はそれを明記、調べて不明は含まず)主な城主(不明とされている場合はそれを明記、調べて不明は含まず)
遺構(堀は、空堀なのか水堀なのかを明記、その他、竪堀、堀切等、出来るだけ詳細に)再建造物(模擬は模擬と明記)移築物※遺構が現存しない場合のみ石碑や説明版がある場合はそれを明記
--- 過去の主な未対応の御要望について ---・城データの追加、更新をアプリの更新ではなく、データ通信で行える様にして欲しい→データ更新用サーバの設置が必要ですが、サーバの維持コスト(金銭的、人的)が掛かる為、未対応。
・自分で作成したデータ(csvファイル等)をアプリへ取り込める様にして欲しい→ファイルの取込対応をする事で運用コストが膨大になる事が予測される為例:取込エラー時に発生する問い合わせコスト(必須、任意項目の説明や対応文字コード等)
・熱海城を追加して欲しい→当アプリでは歴史上存在した日本のお城(砦や陣屋含む)についてのみ掲載する方針であり、史実に無い、城郭風建造物は、対象外である為。
また、お城の位置情報も取り扱っている為、ある程度場所が特定出来るお城を掲載対象としております。
・お城情報を加筆、修正したい→情報閲覧アプリとして設計している為、当要望は、設計を大幅に見直す必要があります(単純にデータ編集を可能とするだけでは無く、他機能の見直しが必須)。
当アプリの目的は、全国のお城情報を「閲覧出来る事」、そして、登城記録や贔屓の城をチェック出来る事であり、この目的から大幅に外れる機能の実装は予定しておりません。尚、お城情報の追加要望や誤った情報の修正要望付きましては、随時対応させて頂きます。
・駐車場、入城料情報を追加して欲しい→お城の基本情報増加を優先事項としている為。確約は出来ませんが、将来的には対応したいと考えております。